現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

神埼市教委、センター給食質問書に回答

2015年12月09日 10時21分

 神埼市の脊振小・中の給食を自校調理からセンター調理に切り替える方針について、同市教委は8日、両校の保護者でつくる脊振育友会(今村茂樹会長)から出されていた質問書に回答した。現行で年間約640万円かかっている維持管理費が「半減以上の削減になる」など、合理化のメリットを強調した。

 育友会側は質問書で、保護者が納得いく話し合いを求めていたが、市教委は「何度も協議は重ね、一定の理解は得ている。すでにセンター調理への移行を準備する段階」と回答した。今村会長は「結論ありきの回答で残念。住民ニーズとのギャップは大きい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年