現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

給食のマーボー豆腐に金属ねじ 伊万里の小学校

2015年12月05日 09時24分

給食のマーボー豆腐から見つかった金属ねじ(伊万里市教育委員会提供)
給食のマーボー豆腐から見つかった金属ねじ(伊万里市教育委員会提供)

 佐賀県伊万里市の牧島小(尾崎達也校長、77人)で4日、給食のマーボー豆腐から金属ねじ1本が見つかった。現時点で児童にけがや健康被害はないという。混入の原因は特定できていない。

 市教委によると、同日昼の給食の時間、5年の児童がマーボー豆腐を食べて舌に痛みを感じ、吐き出したところ、金属製のねじ(長さ1・2センチ、頭部の直径0・7センチ)が見つかった。

 給食は市学校給食センターで調理し、同じメニューを市立の小中学校と幼稚園に5408人分配送。これまで他に混入や体調不良の報告はないという。

 給食センターで調理器具の部品欠落などは見つかっておらず、調理機器のねじではないという。原料の豚ひき肉や豆腐などに混入していた可能性も調べる。

 7日からの給食は安全点検をした上で予定通り提供する。市学校給食センターの弘川幸伸所長は「保護者に心配をかけ申し訳ない。危機管理を徹底し、安全な給食を提供したい」と話した。

【学校給食への異物混入関連記事】
給食にボタン電池 異物混入相次ぐ 吉野ケ里町4校中止
三田川中学校の給食にポリ手袋が混入
中原小の給食にビニール片
佐賀市・神野小の給食ウインナーから金属片
給食の麺料理から金属ねじ 佐賀市の若楠小
給食のマーボー豆腐に金属ねじ 伊万里の小学校

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年