現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

インフルエンザ、今季初の集団発生 鳥栖市の保育園

2015年11月12日 17時32分

 佐賀県は12日、今シーズン県内初となるインフルエンザの集団発生が起きたと発表した。鳥栖市の「あいあい保育園」(園児122人、職員37人)で、園児16人がインフルエンザA型に感染した。鳥栖保健福祉事務所は手に触れやすいドアノブの消毒など感染拡大防止策を指導した。

 県健康増進課によると、感染した園児16人中、13人が4歳児だった。社会福祉施設で10人以上発症した場合、集団発生と判断する。昨シーズンは12月1日に最初の集団発生が出た。県は手洗いや予防接種など早めの対策を呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング