現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

心不全患者はがんに注意

発症リスク4倍

2017年04月07日 02時00分

 心不全の患者は、がんを発症するリスクが約4倍高くなることが診療データの解析で判明したと、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)のチームが6日、日本高血圧学会誌電子版に発表した。

 北風政史臨床研究部長は「心不全になったら、がんを疑うという意識を医師や患者が持ち、がんの早期発見に努めることが大事」と話している。

 チームは2001~13年に同センター病院に心不全で入院した患者約5200人のうちがんを発症した人数と、国内全体のがん罹患率のデータを統計処理して解析。

 国内の一般的ながん罹患率に比べて、心不全患者ががんにかかるリスクは約4倍高かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング