現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

佐賀県、オスプレイ受け入れ意向

知事「理解取り付けに努力」

2017年07月13日 12時58分

 佐賀県の山口祥義知事は13日の定例記者会見で、陸上自衛隊が導入する新型輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画を県として受け入れる意向を示した。配備予定地の地権者として反対意見が強い地元漁協の理解取り付けに努力する考えを示し、会見後記者団に「(県の)姿勢は明確になった」と述べた。ただ、計画の進展には地元漁協の同意も必要になるため、先行きはまだ見通せない。

 山口知事は、県議会が計画受け入れを県に求める決議を今月3日に可決したことを挙げ「県民の代表者の決議は極めて重い」と指摘。反対の統一見解を出した場合の対応を問われ「それでも努力していく」と強調した。【共同】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング