現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

絶景を求めて(17) 御船山楽園のデジタルアート(佐賀県武雄市)

2017年09月04日 10時24分

大きな池に光の鯉が泳ぎ、最後は線になって水面を埋める「水面ドローイング」=武雄市の御船山楽園
大きな池に光の鯉が泳ぎ、最後は線になって水面を埋める「水面ドローイング」=武雄市の御船山楽園

■息をのむ光の世界

 ゆったりとした音楽が流れる池に、船頭が小舟を漕ぎ出した。舟に戯れるように色とりどりの錦鯉(にしきごい)が現れ、寄り添うように泳いでいたかと思うと、素早く散り去る。しばらくすると鯉は溶けるように線や点になり、ブルーやイエローの線が交錯して水面(みなも)を埋めた。池を舞台に15分間にわたって ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング