現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

第45回 盲目の発明家 宮崎林三郎 【偉人紀行】

2015年12月07日 10時22分

「盲目の発明家」と呼ばれた宮﨑林三郎
「盲目の発明家」と呼ばれた宮﨑林三郎

■宮崎林三郎(みやざき りんざぶろう)(1859~1931年)佐賀市

手作業の「縄ない」機械化

 芝刈り縄ないわらじを作り…。戦後の、ある世代まで親しんだ唱歌「二宮金次郎」。勤労の美徳を説いた歌詞に登場する「縄ない」はかつて、秋の稲刈りが終わると、どの農村でも盛んに行われた。稲わ ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング