現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

閑捜公からの手紙(8) はしゃぎ過ぎた直大

明治維新150年

2017年09月08日 09時00分

直正公手紙①
直正公手紙①

■「姉として厳しく叱って」世話役の女性を突き飛ばす

 「姉として厳しく叱ってくれ!」。佐賀藩主10代藩主・鍋島直正(1814~71年)は、嫡男・直大(なおひろ)が長女・貢姫(みつひめ)宅で帰りたくないとだだをこね、世話役の女性幾山を突き飛ばしたことを手紙で知り激怒した。1861(文久元)年4月27日付の貢姫宛 ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング