現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

藩主を診た西洋医たち(1)米海軍医ボイヤー、京都へ

2017年08月29日 10時00分

ボイヤーの日記「NAVAL SURGEON、Revolt in Japan 1868-1869」(INDIANA UNIVERSITY PRESS 1963)に掲載された日本、東シナ海の地図
ボイヤーの日記「NAVAL SURGEON、Revolt in Japan 1868-1869」(INDIANA UNIVERSITY PRESS 1963)に掲載された日本、東シナ海の地図

■直正は水銀中毒だった! チフス様の症状、激しく衰弱

 佐賀県が来年開催する「肥前さが幕末維新博覧会」を前に、西洋の先端技術を積極的に導入して近代日本の礎を築いた佐賀藩10代藩主の鍋島直正(1814~71年)に注目が集まっている。近年は直正の業績だけでなく、亡くなるまでの病状も研究が進んできた。幕末から明治に ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング