現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

即興と釉薬で自然描く 山下寛兼さん作陶展

21日までシルクロ

2017年05月19日 09時49分

温度によって変化を見せる釉薬の風合いが楽しめる器
温度によって変化を見せる釉薬の風合いが楽しめる器

 佐賀市久保田町で工房を営む山下寛兼(ひろかね)さん(43)の作陶展が、同市松原のギャラリーシルクロで開かれている。即興で土を成形し生き物のようなたたずまいを見せる花器をはじめ、高温で熱された釉薬(ゆうやく)の変化で表情を変える普段使いの食器など、約150点が並ぶ。

 見る人によって「オタマジャクシのよう」 ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング