現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

大隈の民間外交に焦点 大隈重信記念館で企画展

2017年03月14日 10時42分

「七寶焼 金魚繪花瓶」(大隈重信記念館蔵)
「七寶焼 金魚繪花瓶」(大隈重信記念館蔵)

 2度の総理大臣を務め、早稲田大学創設者の大隈重信(1838~1922年)。大隈は快活、社交的であり、東京・早稲田の大隈邸には学生から国内外の要人まで多くの訪問客があった。当時「世界の客室」「早稲田の私設外務省」と呼ばれ、世界の窓口として大きな役割を果たした大隈の民間外交に焦点を当てる。

 大隈が早稲田に居を ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年