現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ハンドボール トヨタ紡織6連敗

リーグ第13週第1日

2016年02月28日 10時20分

後半12分、LW梅本貴朗がシュートを決め、11-19とする=県総合体育館
後半12分、LW梅本貴朗がシュートを決め、11-19とする=県総合体育館

 日本ハンドボールリーグ第13週第1日は27日、佐賀市の県総合体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州(神埼市)は4位のトヨタ自動車東日本(宮城県)に14-22で敗れ、6連敗を喫した。通算成績は3勝11敗で、順位は暫定8位のまま。

 トヨタ紡織九州は序盤、相手の速攻から4点のリードを奪われた。徐々にリズムを取り戻し2点差まで詰めたが前半は8-11で折り返し、後半も7連続失点でリードを広げられた。

 同体育館でのもう1試合は、3位の大同特殊鋼が29-17で9位の北陸電力を破った。

 トヨタ紡織九州は第13週第2日の28日、同体育館で午後3時から湧永製薬(広島県)と対戦する。

 ▽男子

トヨタ自動車東日本(8勝4敗) 22(11―8)14 トヨタ紡織九州(3勝11敗)

                 (11―6)

湧永製薬(7勝1分け5敗) 27(13―12)26 豊田合成(5勝10敗)

               (14―14)

大同特殊鋼(8勝1分け4敗) 29(15―6)17 北陸電力(14敗)

                (14―11)

大崎電気(11勝1分け1敗) 26(13―17)25 トヨタ車体(9勝1分け2敗)

               (13―8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング