現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ハンドボール・トヨタ紡織九州 今季初勝利へ闘志

あす2日、琉球とホーム初戦

2017年09月01日 09時16分

琉球コラソン戦で活躍が期待されるRB中畠嘉之。通算800得点まであと3点と迫っている(8月26日の今季開幕戦から)
琉球コラソン戦で活躍が期待されるRB中畠嘉之。通算800得点まであと3点と迫っている(8月26日の今季開幕戦から)

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は2日、神埼市の神埼中央公園体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。3年連続8位からの巻き返しを期すチームは、開幕戦で惜しくも引き分けており、ホーム初戦で今季初勝利を目指す。

 トヨタ紡織九州は前週、昨季3位のトヨタ車体(愛知県)と対戦。韓国代表のCBキム・ドンチョルを軸に堅守速攻が機能し、昨季大差で敗れた強敵に27-27と互角に渡り合った。

 対する琉球コラソンは昨季6位。前週は大同特殊綱に25-31で敗れており、互いに未勝利なだけに今季初勝利を懸けた激しい点の取り合いが予想される。

 琉球コラソン戦では、通算800得点まであと3点と迫っているRB中畠嘉之の記録達成にも期待がかかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング