現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記者日記 一番になれなくても

2017年09月12日 08時07分

 たとえ血のつながりがなくても、親子として巡り合うことがある。実の親からの虐待や育児放棄を受けた経験があるなどさまざまな事情がある子どもたちが、親代わりの大人とともに生活する「ファミリーホーム」。ここに来て5年になる高校生の男の子は自分の部屋があること、一緒に住む大人や子どもたちが優しいことが幸せだと言った。

 「毎日を普通に ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング