現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

迫る玄海原発再稼働 原子力政策方向性探る

長崎大核兵器廃絶研究センター長 鈴木達治郎氏講演

2017年09月03日 09時34分

福島第1原発事故後の原子力政策の在り方について講演する鈴木達治郎氏=佐賀市のホテルマリターレ創世
福島第1原発事故後の原子力政策の在り方について講演する鈴木達治郎氏=佐賀市のホテルマリターレ創世

■国民の信頼醸成が必要

 福島第1原発事故当時は原子力委員会にいた。原子力に携わってきた専門家の一人として、事故を防げなかったことを大変申し訳なく思う。今でも被災者と話すことがあるが、本当に基本的人権に関わるつらい思いをされており、事故の教訓を踏まえて原子力政策を見直さなければならない。

...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング