現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記者解説 「障害者スポーツの普及」

2017年09月02日 10時45分

車いすバスケットのハガクレデンジャーズの練習風景。6年後の全国障害者スポーツ大会に向けて競技普及が課題になっている=6月、神埼市
車いすバスケットのハガクレデンジャーズの練習風景。6年後の全国障害者スポーツ大会に向けて競技普及が課題になっている=6月、神埼市

■団体競技受け皿が必要

 東京パラリンピックの開幕まで3年を切り、障害者スポーツの普及に向けた機運が高まっている。2023年には佐賀県で全国障害者スポーツ大会(全障スポ)も開かれるが、県内では団体競技で活動しているチームが限られ、受け皿づくりはこれからだ。スポーツに関わる人たちや地域社会の側で障害の特性や必要 ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング