現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「共謀罪」法施行 恣意的運用市民が監視を

反基地運動で逮捕山城氏訴え

2017年07月12日 07時42分

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の恣意的な運用を警戒する沖縄平和運動センターの山城博治議長=佐賀市の自治労会館
「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の恣意的な運用を警戒する沖縄平和運動センターの山城博治議長=佐賀市の自治労会館

■「一線」越えさせぬ議論必要

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が11日に施行された。佐賀市で7日に講演した沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)は、米軍基地反対運動に取り組む中で逮捕された経験から、改正法が市民運動を脅かさないか警戒感を強めており、「捜査当局の恣意(しい)的な運用を防ぐために ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング