現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

トレンドライン 見えない隣人

2017年02月16日 10時16分

 佐賀県内の外国人労働者が初めて4千人を上回る一方、この2年間で少なくとも43人が受け入れ先から失踪していたことが明らかになった。根底にあるのは途上国と日本の所得格差。より高い収入を求めて不法就労し、強制退去処分になった外国人もいた。

 取材を進めるうち、外国人に違法な長時間労働を強いる企業があることも分かっ ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング