現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

佐賀県観光連盟、リアル宝探しを実施

名所巡って豪華商品

2016年01月27日 10時14分

リアル宝探しをPRする県観光連盟の職員=県庁
リアル宝探しをPRする県観光連盟の職員=県庁

 佐賀県観光連盟は県内外からの宿泊者増加や飲食店、観光施設への誘客を図ろうと、「リアル宝探し」イベントを実施している。“宝の地図”を持って県の観光名所を巡りながら、隠された宝箱を探す体験型イベントで、宝箱の中にあるキーワードを報告すると豪華賞品が当たる抽選に応募できる。2月29日まで。

 有明海で凶悪化したワラスボの先祖「W・R・S・B」を“三種の漁器”で封印するというミステリー仕立てのストーリーで、ノーマルミッションと宿泊者限定ミッションがある。ノーマルは佐賀市、神埼市、鹿島市で三種の漁器をテーマに、宿泊者限定は伊万里市、武雄市、有田町を舞台にW・R・S・Bをテーマに宝箱を探す。

 宝の地図は道の駅やネット上で入手できる。キーワードを報告すると、キーワード一つに付き、ノーマルは1ポイント、宿泊者限定は2ポイントと交換。ポイントに応じてニンテンドー3DSや県の特産品が当たる抽選に応募できるほか、先着2千人には記念カードを贈る。

 キーワードの報告場所は県内に7カ所、なぞを解くヒントを与える施設や店は9カ所。宿泊者限定ミッションは、じゃらんnetに掲載されている県内施設への宿泊が条件になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング