現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

蚊に食われる

2017年08月11日 05時04分

 実によく落ちる。蚊取り線香の話ではない。自衛隊が導入を決め、佐賀空港への配備を目指している新型輸送機オスプレイの話である。「新型」という呼び方まで悪い冗談に聞こえてしまうほど、よく墜落する◆昨年12月に沖縄で大破したのに続き、今度はオーストラリア沖で訓練中に事故が起きた。乗っていた26人のうち、23人は救助されたが、気の毒に3人の若者が亡くなった◆沖縄の普天間飛行場に所属する機体だっただけに、日本政府も重く受け止めて、小野寺五典防衛相が飛行を自粛するよう申し入れた。が、日本政府の要請なんぞ、どこ吹く風で飛ばし続けている。日米が対等な関係であるとは夢にも思っていないのだろう◆沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が「とんでもない飛行機で、原因究明もまったく当てにならない」と批判したが、県民の安全・安心に寄り添う立場であれば当然だ。わが佐賀県はどうだろう。配備の受け入れに前向きな山口祥義知事は「安全の問題は極めて重要」とトーンダウンしたが、これを私たちの頭の上に飛ばそうとは◆蚊取り線香のコマーシャルで、蚊に刺されたときに「かまれた」と「食われた」のどちらを使うか、日本地図を色分けしていた。佐賀は「食われた」エリア。オスプレイが安全だなんて、どうにも一杯食わされてる気がしてならないのだが。(史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング