命の喜びを表現した「立春」(2004年)と倉数和文さん。銭湯の脱衣場だった絵画教室で=唐津市本町 » この写真の記事へ
2016年作の「桜」。縦182㌢、横546㌢、6面びょうぶ仕立ての大作だ » この写真の記事へ
「寿湯」の看板が残る自宅で創作活動を続ける倉数和文さん=唐津市本町 » この写真の記事へ
受験者に声かけをする試験官の空閑明枝さん=佐賀市の運転免許試験場 » この写真の記事へ
伝統的な町並みを描く生徒たち=鹿島市浜町 » この写真の記事へ
日本の自転車ルールを体験型で楽しく学ぶ留学生ら=佐賀市の西九州大学短期大学部= » この写真の記事へ
20日にオープンする「吉野ヶ里町里山ふれあい広場」=吉野ヶ里町松隈 » この写真の記事へ
伊東勝之常務理事・事務局長(左)に寄付を贈呈する佐賀西LCの橋本辰夫会長(中央)と寺﨑晃嘉さん=佐賀いのちの電話事務所 » この写真の記事へ
PTA広報紙の制作に関して、過去の紙面を見て参考にする関係者たち=佐賀市のアバンセ » この写真の記事へ
佐賀女子高茶道部の生徒が、校祖の中島ヤスさんにお茶をささげた=旭学園の体育館 » この写真の記事へ
伊東健吾町長(右から3人目)に立て看板を手渡す大川美佐子会長(同5人目)=吉野ヶ里町役場 » この写真の記事へ
関連記事