赤ちゃんの抱っこ 目的で使い分けて » 記事に戻る
瀧一夫「萌黄釉角壺」(1967年、陶器、24×24×30センチ、佐賀大学美術館蔵) » この写真の記事へ
城秀男「妖異な円」(1974年、染色・二枚屏風、185×160センチ、佐賀大学美術館蔵) » この写真の記事へ
豊田勝秋「鋳銅瓶(糸目)」(1966年、鋳金(銅)、32.7×24.3×24.3センチ、佐賀大学美術館蔵) » この写真の記事へ
石本秀雄「トレド」1966年、油彩・カンヴァス、130.1×97センチ、佐賀大学美術館蔵) » この写真の記事へ
藤田隆治「五ひき」(1961年ごろ、紙本着色、96.3×159.3センチ、佐賀大学美術館蔵) » この写真の記事へ
「絵唐津とくさ文茶碗」(高さ9センチ、口径12センチ、田中丸コレクション) » この写真の記事へ
奥高麗茶碗「こがらし」(口径12・6×高さ8・5センチ、中里コレクション) » この写真の記事へ
奥高麗茶碗(口径14・7×高さ8・3センチ、中里コレクション) » この写真の記事へ
関連記事