福島県の内堀雅雄知事は10日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還を「本人の責任」と発言した今村雅弘復興相から「自らの発言で大変ご迷惑をかけた」と直接謝罪があったことを明らかにした上で「大切なのは、政府として福島の復興・再生に誠意を持って力を尽くすことだ」と述べた。

 内堀氏は、前例のない原子力災害への対応は「細心の注意が求められる」と指摘。「原子力災害の重さ、被害の甚大さを頭に置いて、誠心誠意対応してもらうことが何よりも重要だ」と政府にくぎを刺した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加