佐賀県内の中小企業経営者向けの「サイバーセキュリティ対策シンポジウム」が14日午後1時半から、佐賀市のアバンセで開かれる。データ管理や社員教育など対策が立ち遅れている現状を受け、被害防止の手だてを考える。参加無料。

 情報セキュリティー分野で企業に助言をしている「サイバーディフェンス研究所」(東京都)の名和利男専務理事が講演し、サイバー犯罪の現状や手口を踏まえて対策を示す。インターネットバンキングを悪用した不正送金の現状も銀行関係者が報告し、県警の担当者や別の専門家が加わって対策を話し合う。

 県内のインターネット・プロバイダー事業者と県警でつくる「県ネットワーク・セキュリティ対策協議会」などが主催する。県警生活環境課は「サイバー空間の脅威を見つめ直すきっかけにしてほしい」と参加を呼び掛けている。

 問い合わせは同課、電話0952(24)1111。

このエントリーをはてなブックマークに追加