スピードが武器のストライカー・FW田川亨介=沖縄県の読谷村陸上競技場

■「早くベアスタ出場を」

 MF石川とともに鳥栖U-18からプロ入りした。左足の強力なシュートを武器に、し烈な前線のポジション争いに挑む。「まずは試合に出ること。誰よりも努力し、早くベアスタでデビューできるようにしたい」と意気込む。

 長崎県出身の17歳。小学3年生でボールを追い始め、中学のころは地元のクラブチームで実力をつけた。3年の時に全国の精鋭が集まる「エリートトレセン」に参加。恩師の勧めで鳥栖U-18に加入すると、50メートル6秒のスピードとセットプレーでの強さを武器に頭角を現した。

 2種登録となった昨季は「初めての環境で戸惑いや緊張があった」が、練習から大きな声を出して存在感を示し続けた。「仲間であり、ライバルでもある」石川の存在を意識。一足先にJデビューを飾った石川を尊敬しつつも、「負けたくない」と闘志をむき出しにする。

 今季のスタートは、コンディション不良で出遅れた。それでも沖縄キャンプ初実戦のFC琉球戦では、得意のドリブル突破からアシストをマーク。「点を取りたいという気持ち」を前面に出したアピールを続ける。

 スペイン遠征中のU-18日本代表のメンバーにも選ばれ、モチベーションも高まる。レスター(イングランド)で活躍する日本代表FW岡崎慎司のように「がむしゃらに、泥臭く得点を取ることができる」と自信を見せ、プロデビュー、そしてゴールネットを揺らす日を思い描く。

このエントリーをはてなブックマークに追加