園田勢選手

 第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は17~19日、13チームが全33区間250.7キロで競う。大会を前に各チームの戦力と期待の選手を紹介する。

 昨年大会で社会人1年目の出雲が新人賞を獲得するなど、選手層に若干の厚みが出てきた。ただ、タイムは全般的に縮めながらも順位は12位で前年と変わらなかった。就任3年目の岸川監督は「今年の社会人の顔ぶれは昨年とさほど変わらない。全員が自分の走りを心がけてほしい」と、一つでも上の順位を狙う、現実的な目標を掲げる。

 若干20歳ながら大黒柱となった出雲は、10キロ超の「エース区間」への投入が予定され、さらなるタイム短縮に期待がかかる。主力の一人、森下の仕上がりも上々で「この二枚看板で他チームと競り合いを演じたい」と岸川監督の期待は大きい。

 長年、小城市の主力だった永渕が、勤務地の関係で今年から加わったのも好材料。諸田、末次ら経験豊富な選手もそろい、中距離区間での戦略が立てやすくなった。

 都道府県対抗男子駅伝の中学生区間に出場した園田をはじめ、小川コーチが指導するランニングクラブで鍛えた人材が着実に育っており、中高校生と女子区間では上位に食い込む可能性がある。

■まかせたぞ 園田勢(14) 地元期待応える

 県内中学生の長距離走者では一、二を争う実力の持ち主。昨年冬の都道府県対抗駅伝の選考予選では3キロを9分2秒の好走を見せ、県代表チームに選ばれた。

 市内のランニングクラブに所属したのは1年半ほど前。陸上経験は浅いが、指導する小川コーチは「この1年で、もっとも伸びた選手」と、大きな期待を寄せる。

 都道府県対抗駅伝では足のけがが治りきれず、不本意な結果に終わっただけに、「今度は地元の期待に応えたい」と区間賞に照準を合わせる。

(メンバー表は左から氏名、年齢、勤務先・学校、住所、出場回数)

・監 督

岸川  隆 51 多久市役所南多久町 34

・コーチ

田中 昌樹 51 多久市立東部小教北多久町 23

岸川 真紀 38 多久市役所北多久町 23

野田 健治 51 九電ハイテック北多久町 16

小川 朋子 42 多久市立東部中教東多久町 12

・選 手

諸田雄一郎 49 九州カートン北多久町 31

永渕 和行 46 佐賀広域消防局小城市 28

末岡 裕和 38 大洋創建北多久町 23

深川 英巳 42 クロネコDM便小城市 20

平石 勝吉 41 天寿荘北多久町 19

末次  勇 41 障害者支援センターまや 佐賀市 19

藤井 康輔 37 多久市役所北多久町 14

小屋敷奨太 29 下村建設多久町 13

大森 常正 38 川棚町立小串小教南多久町 12

原  清夫 46 九十九紙源センター 東多久町 10

森下 義仁 25 多久市立中央小教北多久町 9

塚原 大和 35 宇都宮病院北多久町 7

飯守 繁喜 49 島田商会多久町 6

家永 雄一 31 大村自衛隊北多久町 3

村田 駿介 31 佐賀県庁北多久町 2

出雲 一真 20 戸上電機製作所北多久町 8

諸石 大晟 18 北陵高北多久町 3

西山 昌邦 17 鳥栖工高多久町 5

椎葉 剛仁 17 高志館高北多久町 2

歳原  龍 16 多久高佐賀市 初

武富 沙輝 16 清和高北多久町 4

笠原 亜衣 17 北陵高東多久町 2

堤  麻尋 14 多久中央中南多久町 2

諸田 来奈 15 多久中央中北多久町 初

諸田 雄生 14 多久中央中北多久町 2

園田  勢 14 多久中央中南多久町 2

山田 基貴 13 多久東部中東多久町 初

豊川小太郎 13 多久東部中東多久町 初

■PC、スマホで順位速報先頭付近の位置情報も

 パソコンやスマートフォン向けの「県内一周駅伝特設サイト」(有料)では、区間記録の速報に加え、先頭付近ランナーの位置情報などをいち早く提供します。パソコン・スマホ用の「佐賀新聞LIVE」の無料ゾーンでは午前、午後の総合順位を伝えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加