=男子=

 3校12人がエントリー。県総体400メートルリレーで県高校新の41秒12をマークした佐賀工が、40秒台を狙う。北九州地区予選会走り高跳びで2メートル07をクリアし、29年ぶりに県高校新を塗り替えた野中廉也(龍谷)は2メートル10を目指す。

 赤司拓己、井手孝一(鳥栖工)園田拓海、中村玲雄、吉永瑛治、川原直也、堤紘熙、一ノ瀬潤、野中一輝、荒木優大、芝原朋哉(佐賀工)野中廉也(龍谷)

=女子=

 5校17人がエントリー。うち12人を占める佐賀北は200メートルの古川砂椰、砲丸投げの中村真奈美のほか、400メートルリレーと1600メートルリレーに出場する。100メートル障害の横畑安笑(清和)は日本ジュニア・ユース選手権の参加標準記録14秒20が目標。北九州地区予選会400メートルと400メートル障害で2冠となった1年生・今村莉花(鹿島)にも期待がかかる。

 皆良田はるか、樋口弘華、細岡菜花、森香純、内田さくら、貝野ひかる、白石実里、中村真奈美、古川砂椰、加茂明華、竹内栞里、山田笑実(佐賀北)本山智菜(唐津東)楠久美香子、今村莉花(鹿島)中村明日香(龍谷)横畑安笑(清和)

=2016情熱疾走 中国総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加