■唐津工

 隈本 旭(くまもと・あきら)剣道部主将で生徒会長。原稿に頼らないスピーチを心がけ「人前で話す自信がついた」。春から神戸製鋼所で、寮暮らしを始める。「自立できるよう頑張る」。唐津市神田。(機械科)

 井上 晃希(いのうえ・こうき)生活態度や部活動への姿勢が模範となった。弓道部で全国大会3度出場。3年の県総体で団体通算10回目の優勝を遂げ顧問を胴上げした。鹿島クレスへ就職。唐津市浜玉町。(機械科)

 白坂 翔大(しらさか・しょうた)3年間成績トップ。友達と楽しく過ごした体育祭や修学旅行が思い出。2級ボイラー技師などの資格を、就職先の九州電力で生かす。「母に感謝を伝えたい」。唐津市鏡。(電気科)

 泉 京太郎(いずみ・きょうたろう)バスケ部に所属。勉強も手を抜かなかった。道路整備など土木面で町づくりに貢献し、「唐津に行きたい」と思われる町にするのが夢。唐津市役所に入る。唐津市新興町。(土木科)

 江川 唯人(えがわ・ゆいと)陸上部主将を務めた。3年の県総体リレーでは他校の応援を力に「今までで一番の走りができた」。笠原建設に就職。部で学んだあいさつを職場でも生かす。唐津市養母田。(土木科)

 上野 夏輝(うえの・なつき)大工になり両親に家を建てるのが夢。1年時、クラス全員で合格した建築大工技能士3級は「喜びが大きかった」。住友林業ホームエンジニアリングに就職する。唐津市和多田。(建築科)

 藤竹 亜寿美(ふじたけ・あずみ)祖父に憧れ、女子高生で県初の建築大工技能士2級を取得。熊本の被災地へ縁台を贈った際の「ありがとう」が思い出。成村建設で要望に応える大工を目指す。唐津市鏡。(建築科)

 

■唐津青翔

 菊谷 勇斗(きくや・ゆうと)相撲部主将。先輩が卒業し部員は自分1人に。同級生らに声を掛け、5人そろえて県大会3年連続優勝を果たした。地元の金子産業に就職。「松浦青年相撲にも出ます」。唐津市西唐津。

 川崎 可蓮(かわさき・かれん)生徒会副会長として文化祭、体育祭をリード。陸上部でも中心選手となりハンマー投げで県総体優勝。多方面で活躍した。保育士を目指し、西日本短期大(福岡市)に進む。玄海町。

 高市 寧々(たかいち・ねね)生徒会長で体育祭では総団長として声を枯らして生徒230人をまとめ上げた。「先生との距離が近く、みんな伸び伸びした学校生活」を送った。唐津看護専門学校に進学。唐津市鳩川。

 小豆 祐輔(しょうず・ゆうすけ)小学2年から続ける野球は夏の佐賀大会1回戦に先発。打たれて敗れたが、ヒットも1本。「悔いのない3年間」だった。唐津で仕事をしたいとワイビーエムに入社。玄海町。

 石田 日奈乃(いしだ・ひなの)高校から書道を始め、部長に。「習字ではなく自分を表現できる書」に魅せられた。企画が好きで、ウエディングプランナーを目指し福岡ベルエポック美容専門学校へ。唐津市肥前町。

 木村 和希(きむら・かずき)野球部主将で、バッテリーを組む小豆とサッカー、バレー部の助っ人も。小規模校を盛り上げた。名村造船所(伊万里市)に入社。「まずは仕事に慣れ、車を買いたい」。唐津市二タ子。

 古川 文也(ふるかわ・ふみや)「自分の世界観を見てもらうことが楽しい」と美術に打ち込み、全国大会にも。キャラクターデザイナーを目指し、福岡デザインコミュニケーション専門学校の門をたたく。唐津市鏡。

このエントリーをはてなブックマークに追加