課題研究発表会で、発表に臨む生徒たち=佐賀市文化会館

■映像交え成果披露

 佐賀商業高校の課題研究発表会が2日、佐賀市文化会館で開かれた。3年の生徒55人が全校生徒や保護者ら約750人を前に、ITパスポート試験への挑戦や佐賀商の生徒が運営するオンラインストア「さが学美舎(まなびや)」を紹介する動画の制作など、取り組みの成果を写真や映像とともに発表した。

 生徒たちは昨年4月から10グループに分かれ、自ら設定した課題の研究を深めた。発表会は生徒が作成したオープニング動画で始まり、放送部員が司会を務めた。動画作成のチームは恋が育つ様子を描いた甘酸っぱいミュージックビデオを上映し、コンサルティングのチームはローソンと提携して開発し、21日から九州圏内のローソンで発売される「レモングラスシフォンケーキ」を紹介。硬軟取り混ぜた内容で、客席は大いに盛り上がった。

 発表を聞いた商業科2年の山岸佑香さんは「先輩がローソンと商品開発していたなんて知らなかった。私も新商品を開発してみたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加