体重別7階級の7人でチームを組む団体は、鳥栖工が1回戦で仙台城南(宮城)と対戦する。ディフェンスに優れる嶋江健太と森恵太、アジア・カデット選手権5位の2年生・小柴亮太が中核を担う。全国中学総体2位の経験がある1年生の諏訪間新之亮は攻撃に長けている。

 個人は60キロ級の小柴、74キロ級の嶋江、120キロ級の森が入賞を狙う。

 【鳥栖工】○古賀信乃介、○江下和希、○吉田皓飛、○井上廉太郎、○小柴亮太、○河村謙信、○諏訪間新之亮、○荒巻祐人、○嶋江健太、○中村亜靖、○森恵太▽個人 黒木達也、松枝旋吏、木下裕樹、牟田捷人(鳥栖工)

=2016情熱疾走 中国総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加