=男子=

 九州大会団体4位の鳥栖工が、予選通過を目指す。床で種目別入賞を狙う中川駿が調子を上げており、団体戦でも鍵を握る。

=女子=

 2年ぶりに九州大会で団体優勝した鳥栖が、エース川嶋彩花を軸に予選の1けた台通過と入賞を狙う。ミスの数を抑え、総合力でカバーできるかが焦点となる。

=男子=

 【鳥栖工】中川駿、土川慧、手島克、平田藍吏▽個人 野口崇晴(鳥栖工)

=女子=

 【鳥栖】川嶋彩花、安藤彩夏、橋本愛彩、社家間楓花▽個人 山崎桜(鳥栖)

=2016情熱疾走 中国総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加