世耕弘成経済産業相は9日の記者会見で、見直し時期を迎えているエネルギー基本計画での原発の扱いについて「現時点では新増設とリプレース(建て替え)は考えていない。有識者に検討をいただき、エネルギー情勢なども全部見て判断していく」と述べた。

 見直し作業のスケジュールについては「検討の在り方を議論している段階だ」とした。

 7日に福井県の西川一誠知事が廃炉を容認した高速増殖原型炉もんじゅに関しては「廃止措置は文部科学省が主体だが、経産省も協力したい。地域振興策への期待もあり、対話を重ねながら丁寧に対応する」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加