ラーメンの一風堂がミャンマー店

 【ヤンゴン共同】「力の源ホールディングス」(福岡市)が展開する博多ラーメン店「一風堂」のミャンマー1号店が11日、最大都市ヤンゴンにオープンした。力の源と昨年ライセンス契約を交わしたシンガポール系の企業が、中心部の大型商業施設に出店した。

 ヤンゴンには日本食店が増えているが、ラーメン専門店は少ない。店の関係者は「ミャンマー人に人気のすし、刺し身以外の選択肢として、本物の日本のラーメンを中高所得層向けに提供する」と語った。

 看板メニューの白丸元味、赤丸新味、からか麺を中心に提供。からか麺の辛さが特に現地で受けると期待する。

このエントリーをはてなブックマークに追加