仏事で供え物として使われるらくがんの作り方講座が24日、佐賀市川副町の広江西公民館であった。地域の老人会会員を対象に開き、参加者たちがお盆への準備を進めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加