トマトジュースの製造方法を巡り、食品メーカーのカゴメ(名古屋市)が、飲料メーカー伊藤園(東京)の特許は無効だと起こした訴訟の判決で、知財高裁は8日、特許を有効とした特許庁の審決を取り消し、カゴメ勝訴を言い渡した。

 判決によると、伊藤園は2011年、糖度やアミノ酸含有量を一定の範囲内にすればトマトの酸味が抑えられ、濃厚な味わいとフルーツトマトのような甘味が得られるとした特許を出願し、13年に登録された。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加