日産自動車は8日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」を一部改良したモデルを発売した。一部モデルで高速道路の同一車線を自動運転する技術「プロパイロット」を採用。昨年8月発売の新型のミニバン「セレナ」に搭載して以来の第2弾となる。

 プロパイロットは速度を設定すると、カメラが前方車両と車線を認識。運転手がハンドルやアクセルを操作しなくても一定の車間距離を保ちながら走行でき、ドライバーの疲労軽減や事故の防止につながる。

 ガソリン車とハイブリッド車(HV)を用意。月間販売目標は5千台で、希望小売価格は自動運転機能を付けたモデルが268万9200円から。通常のモデルは219万7800円から。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加