売り上げ、注文数を伸ばし、都道府県別で最高の金賞を受賞した前田海苔の前田泰洋社長=佐賀市川副町の同社

 インターネット通販システムを運営するEストアー(東京)の「ネットショップ大賞2016」で、佐賀県の最高賞(金賞)に前田海苔(佐賀市川副町、前田泰洋社長)が選ばれた。全国のシステム利用者約1万2千社のうち、年間の注文数や売り上げ、リピート率などが県内でトップだった。

 前田海苔は有明海ノリ加工・販売の老舗で、15年前からネット通販に取り組んでいる。通販サイトには購入客の感想を随時掲載。首都圏を中心に口コミなどで評判が広がり、16年の販売額は前年比10%の増。売り上げに占める通販の割合は約15%に上るという。

 前田社長は「商品やサイトをさらに充実させ、県産ノリの魅力を全国に発信したい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加