カフェサロンに集まった人たち

■高齢者和やかに交流

 佐賀市木原のミズケアの一角で毎週水曜午前10時からカフェサロンが開かれています。この日は65歳から94歳までの25人が、お茶やお菓子をいただきながら話に花を咲かせました。

 お昼ご飯を一緒にとり、午後からはボランティア北川副のスタッフの手ほどきで手芸などを楽しみます。週によってはゲストの講話があり、人生や薬の話、化粧の仕方などバラエティーに富んだ内容となっています。

 カフェサロンを主宰する北川副校区婦人会長の坂田艶子さん(80)は「手軽に出入りできる場をつくろうとサロンを始めて3年目。サポートしてくださるスタッフのおかげで参加者に喜んでいただきうれしいです」。スタッフの一人である松尾咲子さん(65)は「人生の先輩のお話を聞いて生き方を学んでいます。これからも和気あいあいとしたサロンを目指して頑張ります」と元気いっぱいです。地域リポーター・式町郁子=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加