誓いの言葉を述べる入学生代表の副島かえでさん=佐賀市の佐賀市文化会館

 佐賀市高木瀬西の佐賀工業専門学校(江口敏文校長)の入学式が11日、同市文化会館で行われた。専門技術や資格取得へ38人が2年間の学生生活をスタートさせた。

 佐賀や長崎などから、自動車学科29人、エアポートサービス学科9人の38人が入学。江口校長は「初心を忘れず、技術とともに人間性を磨きながら、目標を達成してほしい」と式辞を述べた。

 新入生を代表して、自動車学科の副島かえでさん(18)が「専門技術や資格取得に励み、社会に貢献できる人間になるために努力します」と宣誓した。

 友人や知人に整備士がいる副島さん。オープンキャンパスに訪れ、多くの資格を取れたらと同校への入学を決めた。「自分も、一人前の整備士になり活躍したい」と夢を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加