有田観光協会の首都圏向けPR冊子「アリタノヒビキ」6号(A5判、14ページ)が刊行された。巻頭特集は「ショーウインドウ」。焼き物店が軒を連ねる通りの歴史や謎に迫る。1万部発行し、有田をアピールする。

 冊子は観光客誘致に向け、2012年から毎年刊行している。有田の器や人、食など、観光パンフレットに載りきれない町の魅力を深掘りして伝える。地域の情報誌を集めた本に掲載されたほか、20日に東京・銀座にオープンする商業施設の地域情報コーナーに置かれるなど、デザイン性や内容が評価されている。

 6号では磁器製帯留めのコーナーや、エッセイストの筒井ガンコ堂さんによる特産の戸矢カブの紹介などもある。内容は有田観光協会のウェブサイトで公開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加