県児童養護施設協議会の井上和宣副会長(右)に目録を手渡す九州ろうきんの米倉法之県副本部長=佐賀市鬼丸町の県社会福祉協議会

 ろうきん県本部は7日、佐賀市の県社会福祉協議会で、子どもたちを支援するための寄付金30万3267円を県児童養護施設協議会に贈った。

 ろうきん県本部の米倉法之副本部長が「子どもたちの将来のために活用してください」と県児童養護施設協議会の井上和宣副会長に目録を手渡した。井上副会長は寄付金を「児童養護施設にいる子どもたちの交流会に充てたい」と話した。

 九州ろうきんは寄付金を募るために、昨年11月1日から12月30日まで「年末こどもみらい応援キャンペーン」を行った。期間中の定期預金の新規・入金額の0・02パーセントを寄付金に充て、九州全体で325万474円が集まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加