吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)で3月4日に開幕する「第45回花とみどりの市」に出店する業者らへの説明会が9日、佐賀市の佐賀県造園協同組合であった。約30人が参加し、開催概要や会場設営などの説明を受けた。

 イベントは県造園協同組合、県立吉野ケ里歴史公園、佐賀新聞社が主催し、同公園臨時駐車場で22日間開く(3月19日は閉場)。31店が出店予定で、庭木や盆栽、鉢花、花苗、園芸資材などを並べる。

 期間中、接ぎ木・挿し木植え替え教室や競り市、どんぐり村ミニ動物園などのイベントがある。詳細は「花とみどりの市」ウェブサイト、http://www1.saga-s.co.jp/hana-midori.html

このエントリーをはてなブックマークに追加