中冨文子さん(なかとみ・あやこ=元日本PTA全国協議会会長、故中冨弘堂元久光製薬相談役の妻)5月5日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、福岡県久留米市内の病院で死去、105歳。自宅は鳥栖市田代外町。喪主は長男一郎(いちろう)氏。葬儀、告別式は親族のみで行った。「中冨文子を偲(しの)ぶ会」を8月14日午後3時から久留米市櫛原町87の萃香園ホテルで執り行う。

 鳥栖市田代大官町生まれ。長年PTA活動に尽力し、1983年に勲五等瑞宝章。アジアからの留学生支援を目的に1987年に国際交流ボランティア団体RIFAを設立した。県PTA連合会名誉会長。

このエントリーをはてなブックマークに追加