原口聖司選手

 第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は17~19日、13チームが全33区間250.7キロで競う。大会を前に各チームの戦力と期待の選手を紹介する。

 ベテランから中堅、若手、女子、中高生とバランスのとれた布陣。穴がなく安定感を誇る一方、圧倒的な爆発力を誇る超エース級は見当たらない。今大会から指揮を執る松本愼市監督は「上位争いは前回より激しくなる」と予想し、総合力の勝負に持ち込む算段だ。

 社会人になってタイムを伸ばし、チームの中心選手に成長を遂げた古賀隆が好調を維持する。松本監督は「(古賀隆の)こつこつと努力を重ねる姿を手本に、彼を超える気持ちで臨んでほしい」と大会スローガンを「隆超」とした。

 北村、永益、齋藤ら元気な30代がチームを引っ張る。古賀隆と同世代の中堅勢や、原口ら福岡大の3選手、拓殖大・松下らの台頭にも期待したい。女子は内野が伊万里ハーフマラソン10キロの部で2位と上り調子。中高生も実力は十分だ。

 5日の東西松浦駅伝に出走した選手も多い。今年は県内一周駅伝まで間隔が短く、コンディション調整も鍵となる。松本監督が掲げる目標は3位。新調した黄色いユニホームで一丸となって勝負に挑む。

監 督

松本 愼市 48 伊万里市役所大坪町 28

コーチ

川原 敏裕 43 黒木建設二里町 11

山口  剛 39 能美電気山代町 13

山田  速 30 伊万里有田共立病院

立花町 2

田渕千香子 28 伊万里市役所大川内町 12

選 手

北村 弘樹 38 名村造船所新天町 17

永益 邦弘 37 SUMCO伊万里二里町 18

齋藤 裕樹 35 前田病院脇田町 18

古賀 慶彦 31 SUMCO伊万里黒川町 16

岩永 悠太 28 ファームチョイス大川町 12

佐々木隆文 25 佐賀共栄銀行黒川町 9

永尾 幸大 29 永尾クレーン興業二里町 9

松本 千弘 24 SUMCO伊万里波多津町 8

古賀 隆徳 25 共友伊万里山代町 8

河崎 貴志 31 松尾畜産大川内町 6

峯脇 洋平 29 伊万里有田消防本部

大坪町 初

徳永 渉人 25 青嶺中教新天町 7

原口 聖司 22 福岡大松浦町 5

中島 優大 22 福岡大伊万里町 4

松本 隆佑 19 福岡大南波多町 5

松下  良 19 拓殖大波多津町 6

牧瀬 圭斗 17 白石高山代町 3

小島 健太 16 白石高山代町 初

山口 大地 16 白石高山代町 2

小島 勇気 16 鳥栖工高黒川町 3

加川 英文 18 唐津工高南波多町 初

内野加那子 36 伊万里松浦病院立花町 11

松本陽向子 17 伊万里高南波多町 3

原  美結 17 伊万里高大川町 2

山口  遙 15 青嶺中黒川町 3

山口  桜 15 青嶺中黒川町 2

中島 一成 15 青嶺中黒川町 2

澁田隆之介 13 啓成中伊万里町 初

喜多 健人 14 青嶺中黒川町 初

上神 汰仁 14 伊万里中大坪町 初

■まかせたぞ! 原口聖司(22) 粘りの走りで貢献

 福岡大陸上部で実力を磨いた4年間の締めくくりとして大会に臨む。新年度から伊万里市役所に入り、長距離も続ける。「今は競技に集中できる環境があるが、4月からは仕事が第一。だからこそ、今回はしっかり走ってチームに貢献したい」

 3年前、区間賞でデビューを飾った。その後もまずまずの成績は残すが、他チームと比べて「伊万里は大学生選手が少なく、その差が出ている」と実感する。持ち味は粘り。「きつい場面こそ粘りを発揮し、差を縮めたい」と誓う。

このエントリーをはてなブックマークに追加