鳥栖-広島 後半、堅い守りを見せた鳥栖DF吉田ら守備陣=広島市のエディオンスタジアム広島

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第19節の7月30日、サンフレッチェ広島と対戦し、1-0で完封勝ちした。この一戦をMF高橋義希選手に振り返ってもらった。

 約3週間の中断を終えて最初のリーグ戦だったが、今季初めてアウェーで勝つことができた。次につながる1勝となった。

 前半30分ぐらいまでは自分たちのペースで試合を進めることができていた。ただ、その後は相手ペースになってしまった。広島はペナルティーエリアにボールをシンプルに入れてくることが多かった。集中して対応できたが、紙一重の場面もあった。その前の段階でしっかり防げるようにしていきたい。

 FW趙東建(チョ・ドンゴン)選手のスーパーゴールで勝ちにつながったけど、もっと多くチャンスをつくっていかないといけない。広島戦は試合の入り方はよかった。前半の戦い方を続けていくことができれば、チャンスはおのずと増えてくる。自信を持って戦っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加