プレースホームが23日にオープンさせたモデルハウス=福岡県大野城市南ヶ丘地区

 神埼市の住宅メーカー「プレースホーム」が、福岡県大野城市南ケ丘地区にモデルハウスをオープンした。同社は10年前に福岡店を開設しているが、これまで常設のモデルハウスはなかった。福岡市場への本格的な進出を見据えている。

 モデルハウスは木造2階建ての4LDKで113平方メートル。床は無垢(むく)材、壁は漆喰(しっくい)塗りで、玄関周りに天然石を取り入れるなど、シックハウス症候群への対策を施している。健康志向の家づくりを全国展開する「無添加住宅」(本社・兵庫県)と提携している。

 大野城市南ケ丘地区は大手ハウスメーカーも進出する激戦区。同社は福岡県内で新築、リフォームを合わせて約100棟の実績があるが、激戦区で営業し、企業としてのさらなる成長を目指す。

 同社営業部の山崎政和係長は「実物をぜひ見て家づくりの参考にしてほしい」と話す。問い合わせは同社福岡店、電話092(589)3223へ。毎週水曜、第2火曜定休。

このエントリーをはてなブックマークに追加