福岡県小郡市の住宅で中田由紀子さん(38)と子ども2人が殺害された事件で、由紀子さんを殺害した疑いで逮捕された夫で県警警察官の充(みつる)容疑者(38)が県警に対し「妻とは最近不仲だった」という趣旨の供述をしていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。容疑は否認している。

 「子どもが成人したら離婚する。協議したこともある」とも周囲に話しており、県警は夫婦関係の悪化が事件の動機となった可能性もあるとみている。

 また、充容疑者が6日の事件発覚当日、既に死亡していたとみられる由紀子さんの携帯電話に、職場などから繰り返し電話をしていたことも判明。捜査対象となるのを避けるため、死亡の事実を知らないふりをした疑いがある。

 充容疑者は、6日午前0時ごろから同6時ごろにかけて自宅で由紀子さんの首を絞め、殺害した疑いが持たれている。

 充容疑者は、県警に対し同6時45分ごろに出勤した際には3人は寝ていたと説明。同8時半すぎに子ども2人が登校していないと小学校から連絡を受け、由紀子さんに3、4回電話していた。

 うち1回は、由紀子さんの姉が遺体を発見した同9時20分ごろにかけており、由紀子さんの携帯電話を手にした姉が現場の状況を報告。充容疑者はこのとき、通報の受理を担当する通信指令課におり、この報告を110番扱いにした。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加