強い台風5号は4日、奄美大島の東の海上に進んだ。6日夜にも九州に接近、上陸する可能性があり、大雨や暴風、高波に警戒が必要だ。佐賀地方気象台によると、佐賀県内は早ければ6日の日中に風速15メートル以上の強風域に入る可能性もあり、警戒を呼び掛けている。

 台風5号は4日午後9時現在、屋久島の南約140キロをゆっくりと北西に進んでいる。中心の気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

 台風の接近を受け、県国際課は、5~9日に鳥栖市や嬉野市で予定していた日韓の高校生らによるサッカー交流のイベントを中止すると発表した。6日に吉野ケ里歴史公園東側駐車場で予定されていた「軽トラ市」も中止になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加