一本桜で有名なみやき町東尾の大塚古墳周辺の耕作放棄地を、地区住民がソバ畑としてよみがえらせた。荒れたミカン畑や竹やぶを切り倒し、約1年半かけて畑を耕した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加