【ニューヨーク共同】米IT大手アップルが26日発表した2016年4~6月期決算によると、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の世界販売台数は前年同期比15%減の4039万9千台と2期連続で減少した。07年の発売以来、初めてマイナスを記録した16年1~3月期の16%減と同程度の減少率で、販売不振が続いていることを示した。

 アイフォーンの販売減が響き、4~6月期の売上高は15%減の423億5800万ドル(約4兆4千億円)と2期連続の減収。純利益は27%減の77億9600万ドルだった。

 地域別の売上高は中国地域が33%減と落ち込みが際立った。日本は23%増。反転の糸口をつかめるかどうかは、米ITメディアが9月の発売を予想する次期モデルの成否が鍵を握る。

このエントリーをはてなブックマークに追加